« 秋祭り | トップページ | 久々のパンづくり教室 »

2003.09.07

秋祭り-夜の部


お祭りの夜の部。
何軒かのお宅で獅子舞をするお神楽が団地内を練り歩きます。
「テンテンツクツク、テンツクテンツク・・」
「ピーヒョロロー」
笛や太鼓の音が団地内に響き渡ります。
お父さんは交通安全の係なので、お神楽の先導役。

その他に、団地の公園に屋台が作ってあって、演芸大会をやるんです。
ここ何年も見に行ったことがなかったけど、今年は花火大会にお祝い花火を申し込んだので、係の人から8時ごろ打ち上げると連絡をいただいていたので、出かけてみました。
地域の人たちによる大正琴とか、長野市出身の歌手の歌謡ショーをやっていました。
結構見に来ている人がいるのにはびっくり。

演芸大会の合間にお祝い花火が上がりました。
それぞれメッセージを読み上げられて・・・
うちのも上がりました。
「今年おばあちゃんは88歳の米寿を迎えました。元気で長生きしてください。おばあちゃん、おめでとう!」
ドカ~ン!
皆さんから拍手をいただきました。

おばあちゃんに見せようとデジカメに撮ったけどきれいに撮れなかった。それでもテレビに繋いで見せてあげたら喜んでいました。

10時過ぎ、お父さんが「疲れた~!」と言って帰って来た。
お神楽の人には振舞い酒があるけど、交通安全の係はもらえなかったと、ビールを美味しそうに飲んでました。

|

« 秋祭り | トップページ | 久々のパンづくり教室 »

古い日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋祭り | トップページ | 久々のパンづくり教室 »