« 初雪 | トップページ | 良い夫婦の日 »

2007.11.21

ペットボトルの湯たんぽ

ペットボトルの湯たんぽ
毎年、この時期に行われる長野友の会の「家事家計講習会」(友の会についてはこちら)。
近所の会員さんからお誘いがあり、来年定年を迎える我が家の家計を考えるために2年前から家事家計講習会に行っています。
家計簿を付けている人の発表があり、いつも感心させられます。
教育費のなくなった我が家のような家庭や年金生活用の「高年生活の家計簿」があるというので、私も今年1年付けてみました。
最初は三日ぼうずだろうと思っていましたが、あと一ヶ月で1年です!(^o^)/
一月これだけかかるわよ!来年4月からどうしましょ!という感じ!(笑)

ところで、今年の発表した人が、「これ、とても良いですよ」と紹介してくれたのが、ペットボトルの湯たんぽです。
我が家も電気毛布は必需品ですが、皮膚がかさかさするんですよね(^_^;)
寒くなってきたので、やってみました!これが意外と暖かいんです!(・_・)へぇー......?!
カバーは、古いフリースの袖を切って、裏布にはトレーナーの袖。底を縫って、ヒモ通しを縫えば良いのです。
私はフリースのかっぽう着を使ったので袖口のゴムをヒモに換えて、アッという間にできました!♪
足元に置いておいたり、抱いて寝ても良いです。
教えていただいたのは、1.5リットルぐらいのペットボトルでしたが、家にあった1リットルぐらいの野菜ジュースのペットボトルでも、十分でした。
注意したいのは、お湯を入れても大丈夫なペットボトルを使うこと。
蓋はしっかり閉めて、カバーの中に入れること。蓋が出ていると低温やけどをするそうです。
お湯を入れる時、やけどしないように気を付けて。
地震が起きたら、これを持って逃げれば飲料水になるそうです!なるほど(^_^)v

|

« 初雪 | トップページ | 良い夫婦の日 »

日記、つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初雪 | トップページ | 良い夫婦の日 »